【2年生】ふわふわ言葉、ふわふわ行動がどんどん増えています。 

学習活動

ふわふわ言葉、ふわふわ行動がどんどん増えています。

「みんなが楽しく過ごせる。そして、自分の考えを安心していえる学級にしたい。」

2学期の始業式に、2年2組をどんな学級にしたいか子ども達と再確認しました。

そこで「ありがとう。」「ごめんね。」「だいじょうぶ?」「がんばれ。」などの「ふわふわ言葉」を増やそうとみんなで決めてから、はや3週間・・・。

たーーくさんの「ふわふわ言葉」が今、2年2組を包んでいます。

いくつか紹介します。

まず「すごいね。」「いいね。」「上手だね。」などのほめ言葉。子ども達同士でほめ合う姿はとてもほほえましいです。

授業中など担任の私にも「先生すごいね。」と言ってくれる子が多く、私もとてもいい気持ちになります。

次に、「さいごまでいっしょにがんばろう。」「がんばってるね。」などのはげましの言葉。

言われた友達のやる気がグングンアップしていきます。

そして、「いっしょにあそぼう。」「いっしょに○○をしよう。」などの友達をさそう言葉。

おかげで、心がポッカポカ!!

まだまだチクチク言葉もありますが、それがかき消されるぐらい、これからも教室じゅうを「ふわふわ言葉」で埋めつくしていこうと子ども達と誓っています!!

「ふわふわ行動」も増えてきました。

休んでいる友達の代わりに進んで当番を引き受けたり、けがをした友達の近くにサッと
かけよって世話をしたりするなど、優しさに包まれる場面が多くなっています。

(Visited 212 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました