【4年生】道徳「節度ある生活」

学習活動

道徳「節度ある生活」

第2回の道徳で「節度ある生活」について考えました。

自分で生活のルールを決めていたのに、(ちょっとくらいいいか)という油断から、生活習慣が乱れ、体調を崩してしまう主人公について、自分は共感するかしないかを話し合わせました。

多くの児童が(ちょっとくらいいいか)という考えに反対はしていたものの、やはり「その気持ち分かる。自分もやってしまっている。」という考えもあり、どうしたらよいかを話し合いました。

それから、自分たちが、もしこれから不規則な生活になるとしたら、きっと原因の一つはメディアだと思ったので、道徳の最後に、メディアが引き起こすデメリットを紹介しました。

詳しくは、「スマホ脳」という本に書いています。

児童の感想

○今日は、規則正しくという勉強をしました。分かったことは、スマホって、こんなに危ないんだなということです。これからは、スマホのことに気をつけて使います。

○これからは、ちゃんと早寝早起きをしないといけないと思いました。リカみたいになりたくないので、少しずつ頑張りたいと思います。

○今日は、規則正しくするための勉強をしました。分かったことは、夜遅くまでテレビや携帯をしていたら、毎日のリズムが崩れるということです。これからは、ルールを気をつけて、規則正しい毎日を過ごしていきたいです。

○分かったことは、規則正しい生活をしないと体調が悪くなると言うことです。私もこれから、少しずつだけど、スマホを使用する時間を縮めたいです。

○スマホは、脳の毒だということが知れて良かったです。今日は、規則正しい生活について考えました。これからは、少しくらいいいかという弱い自分に勝ちたいです。

○今日分かったことは、やめられないことや、自分に勝たなければならないことです。これからは、早寝早起きをして、生活のリズムを整えたいと思います。

 

 

 

(Visited 76 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました